COMPANY 社長挨拶・理念

社長挨拶

「積極的・活動的・能動的に」

アクティブホールディングスの社名には経営理念にも掲げた自立型の社員が自らの意思で能動的に考え動く集団であってほしいという願いが込められています。

私は経営者として、多角的経営を行い総合企業グループとして永続的な成長を続ける会社を目指したいと思っています。
それを実現するには資本と経営の分離が必要ではないかと考え続けてきました。

その理由は次の3点からです。

1.環境の変化に強い会社の体質を作ることができる
2.事業会社はその事業目的と責任を明確にできる
3.社員の皆さんに多くのチャンス(選択肢)が生まれ、次世代の経営者になれる人材の出現が期待できる

ホールディングスの手法により資本と経営の分離をするということは、皆さんに経営者なれるチャンスがあるということです。
チャンスが広がったとはいえ何も努力をしない人にチャンスは訪れません。
日々の業務の中で学んでいくことはもちろんですが、様々な情報にアンテナを張り、必要なものを取り込み知識として集積することは将来に役立ちます。

人材にはよく、人財、人材、人罪と3つの囲みがあると言われています。アクティブホールディングスで働く皆さんには、是非とも人財とよべる集団であってほしいと思います。

そして「安定成長できる仕組み」を作り、「人」の可能性とチャンスを活かし社員と共に「夢を実現し続ける」会社。
株式会社アクティブホールディングスは、「積極的・活動的・能動的に」未来への冒険を続けてまいります。

代表取締役 荒木 愼二

企業行動憲章

私たちは、事業を営む者として企業の社会的責任を自覚し、すべての法律を誠実に遵守するとともに、社会的良識をもって、次のとおり行動します。

  • 私たちは、お客様の満足と信頼を得るため、常にサービスの向上に努めます。
  • 私たちは、法令は勿論、社会的規範や企業倫理もしっかりと守ります。
  • 同業他社とは公正で自由な競争を行い、政治・行政とは健全かつ正常な関係を保持します。
  • 私たちは、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を適宜適切に提供します。
  • 私たちは、社員一人ひとりの人格・人権を尊重し、公正・公平で納得性の高い人事・処遇制度をもって、社員の経済的・精神的・時間的ゆとりと豊かさの実現に努めます。
  • 私たちは、環境問題の重要性を認識し、資源の有効活用・省エネルギーなどに自主的・積極的に取り組みます。
  • 私たちは、「良き企業市民」として、社会的貢献活動に積極的・継続的に取り組みます。
  • 私たちは、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力に対して、毅然とした態度を取ります。 反社会的勢力に経済的な利益は提供しません。
  • 役員および役職者は、この企業行動憲章の精神を実現することが自らの重要な役割であることをよく認識し、率先垂範の上、社内に徹底し、実効性のある社内体制を築くとともに、本憲章に反する事案が生じたときは、社長を先頭にして
  • 組織を挙げて問題の解決に当たり、原因の徹底究明、再発の防止に努めます。
  • さらに、私たちは、生じた事案について、社内外に対し、迅速かつ的確な情報公開を行い、その説明責任を果すとともに、社長を含め関係社員を厳正に処分します。

経営理念

真摯・然 一貫した正直さ、一貫した誠実さをもってまっすぐに想い続けます。

アクティブホールディングスの誓い

  • 一、お客様から一番愛される企業にする為に

    お客様の気持ちに寄り添い、満足のプラスワンを実行します。

    お客様の感じる「不」に向き合い、徹底的に解消します。

  • 一、自ら行動し、自らを律する人となる為に

    ひたむきに、現在(いま)の自分を超えていきます。

    本当の謙虚さと逞しい意志を併せ持ちます。

  • 一、いつも、真撃である為に

    不器用でも、一途に行動する人を評価します。

    人の成長に寄り添うことのできる人を評価します。

  • 決意表明
  • 理念説明
  • 社内討論
  • 理念説明